沿革

沿革
1965 の子会社として設立
   
1970     メタルパッケージング業界向け二枚送り検出装置を開発
   
1976     メタルパッケージング業界向けスイッチ断路器及び製缶ラインスイッチング装置を開発
   
1980     連続シート厚み測定装置MDM 3000を開発
   
1985     スチールとアルミシート用、単一センサー式二枚送り検出装置を開発
   
1986     初めてのチューブ用溶接継目装置を開発
   
1990     マイクロプロセッサーをベースとした二枚送り検出装置R2000シリーズを開発
   
1993     スチールベルトラジアルタイヤ用スチールコード検出装置(SIS)をインストール
   
1996     マイクロプロセッサーをベースにした溶接継目装置SND30を開発、DIN ISO 9001を取得、北米にローランド支社を設立
   
1998     PCをベースにしたスチールコード検出装置SIS-XPを発表
   
2002     フィールドバスインターフェース付二枚送り検出装置R1000シリーズを開発
   
2004     PCベースで漏洩磁束と渦電流プローブ組合せの溶接継目検出装置SND40を開発
   
2006     コストを抑えたマイクロプロセッサベースにしたメタルパッケージング業界向け二枚送り検出装置を開発
   
2008     ケーブルやワイヤー用非破壊検査装置UFD40シリーズを開発
   
2009     低コストの大量生産パーツの硬度検査用装置を開発
   
2010     FE及びNF材質向け非接触シングルプローブ装置I100-S-Wを開発
   
2011     片側タイプで最大12mmシート用二枚送り検出装置P128を開発
      幅の狭いメタルストリップの溶接継目検出装置NS9N-AAD-SCを独自開発
   
2012     シート層、継目やエッジ(端)検出用Eagle Eye AAを開発
   
2013     金属・非金属材用レーザー式二枚送り防止装置L20を開発
   
2014 3-チャンネルバージョンL20
      EHR GmbH & Co. KG 及び
      レーザー式厚み計測装置i!mensio と EHR AluCheckを開発
   
2016     スチールコード検査装置SIS-G3(3世代目)を開発
   

To top